2016年1月17日(日) 開場 14:00 スタート 14:30 終了 16:45
会場:岡山県立図書館 多目的ホール
   ● アクセス(Google Map):https://goo.gl/maps/R1mj3DcQ3un
   ● 交通案内:http://www.libnet.pref.okayama.jp/top/access.htm

○ 参加費:5,400円(税込)
○ お問い合わせ:クエストカフェ運営事務局
         TEL 090-9463-3041 e-mail quest@questcafe.jp 担当:今井

○ 主催:クエストカフェ
○ 共催:株式会社ビジネスミート

結果を出している企業は何をやっているのか?
どこにフォーカスしているのか?
どこが違うのか?

サウスウエスト航空、ウエッグマンズ、伊那食品工業、NIKE、
バスプロショップ、ヤマグチレッカー、沖縄電子、など

日本はもとより世界的に注目される企業を 実際に訪問し、
経営者、社員に直接話を聞き
、独自の視点、切り口で、
その会社の魅力、やり方、違いを生んでいるポイントを研究。

現場を体験しているからこそわかる、生きた情報 を伝え、
アドバイスを行う 経営コンサルタント野田宜成 氏を迎え、
よくわかり、すぐに使えて、結果につながる 経営勉強会を開催します。

知ってるようでわかっていない、やってるようでできていない。
結果が出ている企業は何をやっていて、どこが違うのか、
時流を捉え、いま、何が必要なのか?

混迷する時代に、これからの時代をどう捉え、
どんな方向へ会社の舵を切っていけばいいのか、
あなたの会社の未来ビジョンを見据えながら、
これからの会社に必要な事、結果につながるために大切なこと などを
数多くの実際の事例を元 に、お話いただきます。

野田宣成さんは、日産でクルマを開発するエンジニアの過去を持ち、
その後、船井総合研究所で、経営コンサルタントとして活躍後、
ご自身の会社、株式会社ビジネスミートを立ち上げて、
これまで 9000人以上の経営者、500社以上の企業のアドバイス に携わり、
最先端の経営コンサルタントとして活躍しています。

野田さんは、継続こそ経営 を活動の中心的なテーマとして、
国内外の経営者に会ったり、会社を訪問したりと、
実際の 現場を自分の目で見て、肌で感じ、体験する ことをとても大切に考えています。

また、月に2回から3回も海外に 出て、世界のビジネスの潮流を捉え ています。
アジアを始め、欧米にもクライアントがいて、コンサルを行っているので、
海外の会社に関わる中で、より世界の動きも見えてくるのです。

また、野田さんの セミナーの魅力、面白さは、エンターテイメント性 にもあります。
眠くなるようなお話は一切ありません。リズム、テンポ、表現力。
楽しく、興味深く、わかりやすく。

これは自分の会社でも 試してみたい、実践してみたい具体的なアイデア
惜しみなく提供してくれます。

個人事業主から一部上場企業経営者まで、
共通する経営の本質や小さな会社から大きな会社の
事業規模特有の問題や経営のポイントなど、
幅広い活動を行っているからこそ、見えてくる経営の秘訣や要点 を伝えます。

昨今は、驚くようなニュースばかりを目にします。
いま、時代は大きく動いています。世界はありとあらゆる面で激変しています。
ITテクノロジーの革命によって、ビジネスの仕組みもやり方も大きくシフト しています。

ネット通販のみならず、物流、製造、コミュニケーションなど
ビジネスのありとあらゆる面が変革 し、
地方においては、マーケットや活動を地方に限定することなく、
全国に、グローバルに自由に展開できる時代 です。

こうした時代の変化のおかげで、ワークライフバランス、
クォリティオブライフ
の観点からも 地方に暮らす、生きること
ある意味で最先端の暮らしであり、
本質的に豊かな暮らしを享受できると言えるのでしょう。

果たして、これからの未来はどうなっていくのか?
ビジネス環境は、どのように変わってくるのでしょうか?

そんな時流を踏まえながら、
今回のセミナーでは、来年2016年にフォーカスし、
2016年はどんな年になるのか? どんな年にしたいのか?

今回は「経営者に必要な、継続経営の未来マッピングセミナー」と題し、

経営のための来年のビジョンを描くための
ヒントになる視点、アイデア、行動、実践のポイント など、
会社をアップグレードする ための 具体的な事例 を元にお話します。

経営者、個人事業主の方に、ぜひ、ご参加いただきたいセミナーです。

◎ このセミナーのポイントとは

「努力している限り、人は迷うものである。」
ゲーテの言葉です。

迷わない経営者なんていないのです。
何かに向かい、がんばっている経営者ほど迷うもの。
その迷いが少しでも晴れるお手伝いが我々の仕事です。
経営者には経営者しか出来ない仕事に没頭して欲しいのです。

何に没頭し、何を任せるのか?
やらねばならない忙しさから、やりたいことの忙しさになって欲しい。
だからこそ、いろんな経営者の話、いろんな経営のやり方を知り
いろんな決断をするための判断材料を経営者はもって欲しいのです。
その判断材料が、今回のセミナーで得られるはずです。

将棋も強い1つの戦法だけを知っているより
いろんな戦法を知った上で目の前の最適にあわせる戦法を選ぶ

経営も同じと思います。
年間20カ国、月に100人以上の経営者に会い、月に約50冊の本を読み
その中から、情報を整理して、経営者の2016年の判断材料を提供していきます。

◎ このセミナーの7つの魅力とは

1)2015年はどんな年だったのか?2016年はどんな世の中になるのか?

2)今の世の中のトレンドと時流は、何か
 (トレンドとは、一時的な流れ、時流とは、変わらない大きな流れ)

3)世界のビジネスの主流の考え方、プラットフォームビジネス

4)どんどん、人件費がかからなくなっている。
  今経営者が意識するリーダーシップとは

5)日本への外国人の流れがすごい、これは、トレンドなのか、時流なのか?

6)継続している企業の3つの共通点は何か?

7)これからの経営者に必要な、透明性・公開制とは何か?

◎ 野田宜成からのメッセージ

2015年は、コミュニケーションが不足すると
足がすくわれる年だと予測しました。

その通りに、コミュニケーション不足 により、
ブラックボックス ができ、足をすくわれる年となりました。

□ 東京オリンピック ロゴデザイン
□ 国立競技場のデザイン
□ 旭化成グループの杭の問題
□ 東芝の不正会計処理
□ VWの排ガス問題 など

そして、これからの経営は、2つの能力が必要です。
1つは「今のトレンド、流れを知ること」

もう1つは「時代が変わるとも、変わらない大切なこと」

2016年は、ちゃんとしている人、ちゃんとしている会社 が伸びる年です。

ちゃんとしている会社であればあるほど、
これからの流れを知っておくべきだと思うのです。

◎ インバンドへの流れ
◎ クラウドへの流れ
◎ プラットフォームビジネスへの流れ

どんどん、低価格のものは低価格になり、
価値のあるものには、どんどん人が寄ってくる。
2極化が激しくなっていきます。

◆ どんなトレンドがこれからやってくるのか?
◆ ちゃんとしている会社とは何か?
◆ これからは、ブラックボックスでなく透明性が大事。透明性とは何か?

そして、もう1つ
「変わらないものをしっかりととらえること」

最近、SNSなどでは、過激な文言が並びます。
「とにかく99の敵を作っても、1の熱狂的ファンを作れば良い」とか、
短期間勝負、利益主義、時価総額主義など、

それが、今の流れ、これからの流れのように感じやすいですが、
ずーっと 利益を出し続けているところは、実は違う ようです。

「ファン作りこそ企業経営の基であり、敵を作らないように留意すること」

この言葉は、売上200億円の長野の
山の中にある企業の経営者にいただいた言葉です。

その経営者の本を読み、どうしても教えて欲しいと、
26兆円を売り上げる日本一の企業の社長が、勉強しに来ます。

そこには、このご時世に、見誤ってはいけない、
大切な継続経営のための神髄が詰まっています。

教えを請いに来た社長とは、トヨタ自動車の豊田章男氏。

「変えてはいけないもの変えず。
 変えなくてはならないことを変える。
 その違いの知恵を持つ」

◆ 今伸びている企業は、どんな社内作りをしているのか?
◆ みんなで考える事業計画はどんなものなのか?
◆ 働きやすい職場ではなくやりがいのある職場とは何か?
 (働きやすい職場を作ると、つぶれやすい)
◆ 事業計画をどう発表するのか?
◆ 誇りを持つ企業とは?
◆ 継続する企業、失速する企業とは?

そして、今の時代の変化はめまぐるしい。
時代の常識も変化している。
学んだことよりも、常に学び続けることが大切 なようです。

新しいことを耳に入れることに素直になる!!

こんな人がこれからの経営者には必要な能力になりそうです。

これらを伝えたいと思います。
当日お待ちしています。

野田宜成
野田 宜成(のだ よしなり)プロフィール
photo

株式会社ビジネスミート
代表取締役

愛知県出身。1966年生まれ。経営勉強会ビジネスサークルを運営。
今までに9000人以上の経営者、500社以上の企業に携わる。
経営者の参謀役として顧問や、情報収集、コンサルティング、その他ビジネスにおける出会いの場の提供やマッチング、講演・研修も行う。

1990年 神奈川大学工学部卒業、同年 日産車体(株)入社。
塗装技術のプロフェッショナルとして数々の生産開発、新設備の導入などに携わってきた。
エンジニアとして継続した品質向上、生産効率の改善に従事。

1999年 将来、独立したいという想いから東証1部上場の(株)船井総合研究所入社。
2002年からはチームリーダーとしてメーカー、通信販売会社など数々のコンサルティング業務を行い実績をあげた。

2005年1月に子会社である 船井総研ロジ(株) 物販事業企画室長 、その後、㈱まぐまぐ事業開発室長を務めたのち独立。
独立後も”継続”経営をテーマに継続経営をテーマに経営指導を実践。
また、これらの経験を活かし 06年12月からは 沖縄大学大学院 非常勤講師、2011年からは浜松大学 外部講師も勤める。

成熟した日本市場を背景に、経営者のアンテナ代わりとなり、中国、シンガポール、タイ、ミャンマーなどアジア新興地域、英国、米国などの先進国にも積極的に足を運び オーナー経営に役立つ経営情報を取集。
豊富な実務経験とその行動力から生まれる新しい視点は全国から定評を博す。
2013年、日本経営合理化協会から「アジアビジネス最前線 成功の鉄則DVDシリーズ」としてシンガポール篇、タイ編、ミャンマー編をそれぞれ刊行。

著書『~見えないものがみえてくる~数値力の磨き方』で視点の鋭さを発揮し、豊富な数値データ・実例をもちいた、ロジカルかつリズミカルな講演がわかりやすいと好評いただいている。

-未来にリレーするCompanyへ- をモットーに調整能力の高い、バランスのとれた和的”継続”経営をアジアに広めていきたいと思っている。

◎ 参加者の声

すごくよかった&面白かったです。
野田節、キャラクター、サウスウエスト航空系コンサルタントでしょうか。。。笑
誘った H医院長もとても勉強になったと喜んでいました。

特に、「めんどくさい」ことへビジネスとしてアプローチする。
これはあたりまえなんですが、いいヒントでした。

野田さんのお話、僕もそれなりに情報は入ってきますが、
それがパズルのピースのようにバラバラだったものが、
野田さんのお話で、あ~そういうことかと繋がることが多かったです。

また、非常に具体的な数字として示されることもよかったですね。

あと、やっぱり何よりも、野田さんの良さは、現地で体験していること。
聞きかじった情報ではなく、現場に触れることは、何よりも説得力ですね。

僕も、いろいろとやってることが幅広いのですが、
興味ないこと、めんどくさいこと、やりたくないことには、動かない人なので、
どうしても情報が偏ったり、狭くなりがちです。

野田さんのように、月50冊の本を読むモチベーションは到底ありません。
こうやって野田さんの最新情報を聞く方が整理されていて、早いです。

キュレーターとしての野田さんや僕が面白いと思う人をキュレーターとして、
その分野の達人からの整理された情報を聞くようにしないと、
有象無象の情報がいっぱいのネット時代。。。
誰から聞くかが大事な時代ですね。。。

《岡山 経営者》

・偏りがない、幅広い情報がともかく凄い!

・「経営者が絶対知っておいた方がいい」というフレーズが、
 2年目くらい経って分かりました。

・「バレエなんか関係ないと思ってるでしょ。
  何がどう関係してくるかなんて分からないよ」
 と数年前に野田さんに言われました。
 まさに今、バレエの経験が仕事で役に立っていると実感する場面が多く、
 ビックリしています。

・「あり方が本当にブレない」

・やり方はどこに行っても聞いてこれて、いっぱい選択肢があるなかで、
 「あり方」がしっかり持てているおかげで
 「そもそも」から外れないで判断できるようになりました。

・野田さんの話は、アウトプットしやすくて伝わりやすい。

・ビジネスサークル勉強会の場合、使われる映像に内容が凝縮されているから、
 非常にわかりやすい。

《40代 女性 経営者 ビジネスサークルメンバー3年》

野田さんのメルマガをきっかけでセミナーに参加し、
その後ビジネスサークルに参加するようになりました。

参加してみて、やっぱり面白いなと思いました。
勉強になるし、ずっと野田さんとお付き合いしたいなと思っていたので。
そのうち、野田さんの発想力や企画力を自社に欲しいと思うようになりました。

これからも変化し続けてほしいですね。
これまでも変化し続けているし、
このまま『変わらず、変化をつづけていって欲しい』そのように思いますね。

《50代 男性 経営者 広告代理店》

メルマガを登録していて、ビジネスサークルのことを知り、
なんだか面白そうだなと思って参加しました。
実際、参加してみて、すっごく面白かったです。

普段、社内の人ばかりと話をするんですが、
いろんな人の意見であったりとか、外部の人の意見を聞くことが出来て、
なんだか変わらなきゃって思うことが出来ました。

《30代 女性》

友人であるビジネスサークルメンバーの方が独立した際に行われた
「行動を変える100個の~」というセミナーに参加したのが最初です。

そのセミナーの効果が結構ありまして、これは面白いなと。
野田さんの話も面白いですし。

まず人に会えるってことがいいですね。
公務員の私がここにいて役に立たないかなと思っていたけれど、
意外と自分が持っている情報とかでも役に立つことがあるんだなって。
ここで学んだことを職場で活かしていきたいと思っています。

《30代 男性 公務員》

毎回すごく勉強になってます。
私はサラリーマンで36歳なのですが、知識を付けたり、現在の状況を確認したりと、
自分の中でやりたいことがどんどん広がっているのですが、
今は、ビジネスサークルに参加することで、
そんな自分を発見することが楽しくて仕方ありません。

《30代 男性 会社経営 WEBデザイン会社》

内容もすごく面白くて、経営の基本となる思いが
大事だというお話を聞けたのが、とても良かったです。
今回みたいな具体的な事例や海外企業の話など、もっと聞いてみたいです。

《40代 男性 会社経営》

野田さんにシンガポールでお会いして、それがきっかけで参加しました。
内容がとても濃くて、とても面白かったです。
色々な種が植えていかれるというイメージでしょうか。

また、これについて考えてみたいなってところがよかったです。

《50代 女性 会社経営》

野田さんの情報量の多さは私自身では得れないと感じたことがきっかけです。
情報の早さも魅力でした。
実際、受け取る情報は、中身も濃く、多面的でとても興味深い内容でした。

また、どこかしら自分の分野に関わる内容を入れ込んで頂いているので
聞き取りやすく考えることが出来ました。

参加者の成功事例をもとに、野田さんやサークルメンバーで共有しながら、
なぜ成功したのか、成功のポイントなど、
上手くいったコツやタイミングがどこにあったのかなど、
参考事例をディスカッションすると営業ポイントや顧客の洗い出し方、情報のまとめ方、
見せ方、など業種を問わず参考になるのではないでしょうか。

インターネット情報だとうさんくさいし、
信頼できる「小さい引き出し」的な情報ストックとして、
参加している価値と「共有知」を感じると思います。

《40代 男性 会社経営 映像制作》

top